ローンのことなら、24INVADERS

銀行ぢゃなくて消費者金融ってゆー

将来必要な資金がきちんと貯められない

家計管理を預かる主婦にとって、長期的な収支の予想も欠かすことができません。

子供が成長すれば教育費もどんどん必要になるし、住居設備の修繕にも少なくないお金が必要になります。

こうした出費は避けて通れないものなので、時間を掛けて少しずつお金を貯めていかなければならないわけです。

とはいえ夫の収入が順調に増えていくとも限りません。

むしろ現在の社会状況では、収入が減る可能性の方が高いとも言えるでしょう。

減っていく収入に対して増えていく支出をきちんと調整し、必要な時に困らないように貯蓄をしていくことが家計を預かる主婦の義務なのです。

しかし実際は日々の出費が抑えられず、貯蓄は増えるどころか減る一方です。

このままでは必要となった時に必要な資産が保てているか、自信は全くありません。

今のところはまだ日々の収入と貯蓄でどうにかやりくりをしていますが、今後の教育資金等を考えると、絶対に足りなくなる日がやってくると思います。

将来的にはおそらく銀行のローンを利用する日が来るでしょう。

利用する可能性が高いのは、リフォームローンや教育ローンなどの目的別ローンです。

各目的に合わせて利用することが出来るローンなので、リフォーム資金が足りなくなった時や教育費が追い付かない時に利用することになると思います。

特に教育ローンの利用は避けて通ることが難しいと予想しています。

リフォーム等の住居費にかかる資金が足りない分には、リフォームを先送りすればよいだけです。

でも教育費はその時に絶対に必要になるお金です。

子供の教育に金銭的な不自由を負わせない為には、銀行からお金を借りて教育資金を用意するしかありません。